カサカサの乾燥肌やアトピー肌を化粧品でケアする方法

肌の悩みを抱えている人は多い!

丁寧なスキンケアを行なっても肌が乾燥しがち。その原因は使用している化粧品かもしれません。肌質に合う化粧品を使用すれば乾燥に悩むことはなくなります。アトピー肌にも最適な化粧品を探してみましょう。

アトピー性皮膚炎の症状

紅斑(赤い湿疹のようなもの)

アトピー性皮膚炎は首元や両手足の関節など、特定の部位に紅斑が現れることが特徴的です。これは乾燥が原因になるため、適切なケアが必要になります。紅斑が現れている部位には痒みを伴うので掻きむしってしまいがちです。

丘疹(ポツポツしたできもの)

紅斑が現れている部位には丘疹も出来やすくなります。アトピー肌の特徴的な要素とも言えるでしょう。症状が落ち着いていれば丘疹も少なくなっていきますが、肌が乾燥することで症状が悪化するため注意しなければいけません。

痂皮(細かいかさぶた)

痒みが我慢出来ずに患部を掻きむしると、爪で皮膚が傷付けられます。その跡として残るのが痂皮です。痒みは繰り返されるため、紅斑や丘疹の他にも痂皮が現れるようになります。痒みを抑えるためのケアが必要になるでしょう。

その他の症状

アトピー性皮膚炎の特徴として苔癬化が挙げられます。皮膚が固くなりガサガサになってしまうため、早めの対処が必要です。また、皮膚にダメージが及ぶことで火傷のような傷になってしまうこともあります。

~肌の乾燥を悪化させるダメダメ習慣5選~

no.1

誤ったスキンケア

肌質を問わず肌の乾燥は生じるものです。しかしスキンケアさえ行なっていれば良いと思っている人も少なくありません。実はこれが1番キケン!化粧品が肌に合っていない場合などは乾燥を防ぐどころか悪化してしまう可能性があります。

no.2

食べ物の好き嫌い

健康的な体を維持するためには食生活が肝心。野菜やフルーツには肌に良い栄養素がたっぷり含まれています。食事からしっかり栄養素を摂取することが大切なのですが、好き嫌いが多いと肌トラブルに悩まされることになり、乾燥も悪化します。

no.3

慢性的な寝不足

肌荒れを予防したいなら夜更かしはNGです。睡眠は体と脳を休めるためにも不可欠な要素になります。スマートフォンやテレビに夢中で夜更かしを続けていると肌の状態も悪化の一途。毎日しっかりと睡眠を取らなければいけません。

no.4

お風呂上がりのケア

お風呂からあがるタイミングでスキンケアを行なうことは理想的です。しかしその場合顔だけではなく、体にもしっかり保湿ケアをしなければいけません。熱いお湯は油分をごっそり落としてしまうので、肌が乾燥しやすい状態になっています。

no.5

過度な喫煙

煙草にはニコチンやタールなどの成分が含まれています。この成分によって肌の酸化が促され、乾燥トラブルが起こりやすくなってしまうのです。煙草は肌の乾燥だけでなく、しわの原因にもなります。美肌を維持するためには禁煙も必要です。

最良のセラミド化粧品を選ぶコツを解説!
エイジングケアにピッタリ☆ ビーグレンでスキンケアを
炎症を食い止めて美肌をゲット!

<PR>
賢いホットクレンジングの選び方
メイクの汚れをごっそり落とす!メイク汚れからお肌を守る☆

人気のビタミンc誘導体配合化粧品を大特集♪
肌トラブルを撃退☆

40代にお勧めなスキンケアアイテムを紹介
若々しい肌をゲット☆

肌のお悩み解消Q&A

メイクが原因で肌が乾燥するってホント?

シミやくすみをカバーするためにはメイクをするのが基本ですよね。しかし化粧品によっては毛穴に詰まったり、過度な刺激を与えたりして乾燥の原因になるものがあります。肌質を考慮して化粧品を選ぶようにすると良いでしょう。

アトピー性皮膚炎を化粧品で改善出来る?

アトピー性皮膚炎の主な症状として、極度の乾燥肌が挙げられます。低刺激の保湿化粧品などを用いてスキンケアを行なうことで、肌質を徐々に改善していくことは可能です。完治させるためには適切な治療が必要になることもあります。

我慢出来ない痒みは市販の薬で対処して良い?

肌の水分量が少なくなると表面が乾燥し、刺激に弱くなります。これが原因で痒みがひどくなることもあるでしょう。市販の薬を使用することで症状が悪化するリスクも考えられるため、心配であれば皮膚科を受診することが大切です。

痒みの原因になるアレルゲンって何?

ハウスダストやダニ、またはホコリなど、アレルギー症状を誘発させる要素をアレルゲンと言います。アトピー肌は乾燥しがちなので、これらの刺激にとても弱いものです。アレルゲンとの接触を防ぐための対応を心がけましょう。

ステロイド薬と保湿化粧品は併用可能?

アトピー性皮膚炎の治療を行なう際、ステロイド薬を処方されることがあります。もしもスキンケアのために保湿化粧品を使用するなら、医師に相談してみることが大切です。一般的には別々に使用することが望ましいと言えるでしょう。

美肌づくりに役立つおすすめコンテンツ

化粧水

肌が乾燥するきっかけ

人それぞれの肌質にもよりますが、肌が乾燥しやすくなることには何かしらの原因があります。効率的な乾燥対策を行なうためにも、まず最初に原因を知ることが大切です。普段の生活習慣をしっかり見直してみましょう。

READ MORE
鏡を見る女性

正しいスキンケア

毎日行なっているスキンケア。あなたは正しい手順・方法を守っていますか?乾燥している肌はとても敏感になっているので、適切なスキンケアをしなければいけません。保湿効果を高めるための方法を知ることが重要です。

READ MORE
女性

アトピーの自然治癒を目指そう

アトピー性皮膚炎は皮膚科などを利用して治療を行なうことが一般的ですが、自分で実践出来る改善法があります。正しい生活習慣の送り方を確認してみましょう。肌が乾燥しやすい原因を排除することで美肌は手に入ります。

READ MORE
婦人

保湿化粧品の選択

肌が乾燥しがちな人に最適な保湿化粧品の数は、ここ最近でかなり多くなっています。ドラッグストアなどで手軽に購入出来るため、まずは自分の肌にぴったり合うような化粧品を見つけることが大切です。化粧品を選ぶポイントをご覧ください。

READ MORE
笑顔の女性

肌に良い成分たち

化粧品に含まれる保湿成分は様々。その中でも保湿という分野に特化している成分があります。アトピー肌に優しい化粧品を選択するためにも、主な成分に注目してみましょう。一度は耳にしたことがあるような美容成分も紹介されています。

READ MORE
広告募集中