乾燥対策の前に原因を知ることが優先的

アトピー性皮膚炎の原因

アレルゲンによる刺激

大人になってから急にアトピー性皮膚炎を発症する人が増加しています。花粉アレルギーや食物アレルギーなどを持っている場合、免疫力の低下によって刺激に対する抗体が減少し、肌のバリア機能が弱まってしまうのです。

疲労やストレスの蓄積

仕事や育児の疲れを溜め込んでしまうと、それが精神的なストレスとして蓄積されていく可能性があります。自律神経のバランスが崩れるとホルモンの分泌量に変化が生じ、免疫力が低下することも考えられるでしょう。特に女性は注意が必要です。

肌の水分量の低下

保湿化粧品によるスキンケアを十分に行なっていない場合、乾燥状態が続くことになります。そうすると徐々に肌のバリア機能が低下するでしょう。刺激に対して敏感に反応するようになると、それがきっかけでアトピー性皮膚炎になることもあります。

広告募集中