化粧品に含まれる保湿成分

保湿成分の種類

保湿効果が高いセラミド

肌の水分を逃がさないようにするのがセラミドです。セラミドが多いほど保湿効果は高くなります。現在では化粧水や美容液などに含まれることが多くなっているため、セラミドが配合された化粧品は比較的手に入れやすくなりました。

肌のハリを高めるヒアルロン酸

ヒアルロン酸は健康食品などでもお馴染みの成分として知られています。保湿効果はもちろん、肌に弾力を持たせる効果も期待出来るでしょう。多くの保湿化粧品にはヒアルロン酸が含まれているので、成分表を確認してみることが大切です。

加齢により減少するコラーゲン

コラーゲンは真皮を構成する成分の過半数を占める存在です。しかし歳を重ねるたびにその量が減ってしまいます。粒子が大きいため肌に浸透しにくいのですが、肌のバリア機能として働いてくれるため乾燥対策に最適です。

食品からも摂取可能なビタミン

保湿効果がある成分として注目され始めているのがビタミンです。ビタミンC誘導体と呼ばれる成分は乾燥対策に最適で、アトピー肌向けの化粧品にも含まれるようになりました。野菜やフルーツからもビタミンを摂取することは出来ます。

広告募集中