普段のスキンケアを見直すことが美肌への近道

スキンケアの基本

まずは洗顔を丁寧に

皮膚の構造上、毛穴からは皮脂が分泌されています。皮脂は乾燥を防ぐために欠かせないものですが、ホコリなどが肌に付着しやすくなる原因にもなるでしょう。洗顔は1日の汚れを落とすために必要です。クレンジングでメイクを落とした後に低刺激の洗顔料をしっかりと泡立て、肌を刺激しないように洗顔を行なうようにしましょう。

洗顔後はすぐに保湿

肌に付着した水滴はすぐに蒸発していきます。蒸発する際には肌に必要な水分も逃げてしまうため、すぐに化粧品で保湿を行なうことが重要です。アトピー性皮膚炎を患っている人も同様のケアを行なうと良いでしょう。化粧水を一度手で温めることがコツで、それによって肌に美容成分や保湿成分が届きやすくなります。

乳液やクリームで蓋をする

丁寧に保湿を行なった後、仕上げとして乳液やクリームを塗ると良いでしょう。肌に取り込まれた保湿成分は水分と一緒に再び蒸発してしまいますが、乳液やクリームが蓋の役割を担ってくれるのです。肌のバリア機能のような効果もあるため、アトピー肌などには特に適していると言えます。

紫外線対策もスキンケアの一環

日光を浴びることは健康維持のために必要ですが、紫外線は肌に刺激を与える要因になります。乾燥以外にもシミやたるみなどの肌トラブルをもたらすため、外出時には紫外線対策を徹底しましょう。オイルフリーの日焼け止めなどは刺激が少ないため、肌が弱い人でも安心して使用出来るようになっています。

広告募集中